<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ひじ、ひざの角質をとるには

ひじやひざの角質は、気になりますよね。
人からもわりと目につくところではないでしょうか。
がさがさとしてしまったり、粉をふいたりととにかく見た目が美しくなくなってしまうのが悩みとなります。

冬はあまりこの部分は見られないから大丈夫、と油断していると驚くほどたまってしまいます。
半袖の季節がやってきてからケアをはじめても、間に合わないということが多いのです。
ひじやひざの角質対策は、一年中必要ということがいえるのではないでしょうか。

スクラブ配合のクリームなどが、ひじやひざの角質対策としては一般的に知られているものでしょうか。
スクラブでマッサージなどをして、拭き取るあるいは洗い流した後は必ず保湿を忘れないようにしておきましょう。
やすり系のこすって角質を除去するものの場合も、必ず保湿をするようにしましょう。

またスクラブ配合でない顔用のピーリングジェルも、角質を除去するのに効果があります。
ひじからそのままひじ下、手の甲までピーリングするようにしてもよいでしょう。
[PR]
by dbubhr4k | 2014-06-17 09:19 | 角質

ガサガサかかとにさようなら

かかとがガサガサになっても、靴下を履く季節は関係ないと思っていませんか?
かかとケアはツルツルになるまで時間もかかりますし、寒い季節でもストッキングなどがひっかかりすぐに破れてしまいます。

1週間に一度のかかとケアで、つるつるかかとになりましょう。
まず足湯をしてかかと部分をふやかします。

かかと部分がやわらかくなれば、一度足をお湯から出しキューティクルリムーバーをぬりましょう。
これで角質が充分にやわらかくなります。
再度足をお湯に5分ほどつけましょう。

タオルでしっかり水分をとったあとは、フットブラシで角質をとっていきます。
一定方向にこすること、細かい目のフットブラシを使うことがポイントです。
ガサガサがなくなったら石鹸できれいに洗いましょう。

タオルでふいてかかとケアクリームあるいはハンドクリームでもかまいませんから、すりこみながらマッサージします。
その後ラップでかかとを覆ってから靴下をはくと、さらにツルツルになるためのケアは完璧です。
[PR]
by dbubhr4k | 2014-06-17 09:18 | かかとケア

お肌の老化の原因はなに?

シワやお肌の老化は、遺伝するものなのでしょうか?
母親がシワが多いから、自分もきっとそうなると思っている方も多いでしょう。

シワは表情のクセなどからつきやすいものですから、顔が似ている場合その表情も似てくる場合が多いことを考えると、遺伝的な要素が大きいように思います。

しかし、お肌の老化に大きく影響しているのは実は毎日のスキンケアや食生活、日常生活の過ごし方といった部分だといわれているのです。

タバコを吸わないこと、紫外線対策や保湿をきちんと行うことでかなりのお肌の老化を防ぐことができるのです。
それらに加えて口角をきちんと上げて微笑むことを心がけるだけでも、見た目年齢はかなり変わってくるということができるでしょう。

また体の内部からシワや老化対策となるものを摂取できるように積極的に食べるようにしたり、加工食品を避けるようにしたりといったこともシワやお肌の老化を避けるためにはとても大切なことなのです。
[PR]
by dbubhr4k | 2014-06-17 09:18 | お肌の老化

さっぱりさせたいお肌のベタつき

お肌の乾燥も気になりますが、反対にベタつく場合もトラブルの原因となります。

お肌のベタつきは、化粧崩れをもたらしますし、肌のトラブルを起こしてしまいます。
このお肌のベタつきは、皮脂コントロールがうまくいっていないことで起こるのです。
朝起きた時の、お肌のベタつきが気になる方も多いですよね。

しかしこの時であれば、洗顔でさっぱりとさせることも可能です。
問題はその後外出先などで、ベタベタしてきたときなのです。

簡単に洗顔できないことのほうが多いわけですから、汚れた状態の皮脂や角質をためこんでしまうのです。
それが、お肌のトラブルのもとになってしまうのです。

外出前にしっかり皮脂コントロールできるアイテムを使用して、お肌をケアしておくことが肝心になります。
角質を取り去りながら、さらに皮脂をコントロールしてくれる美容液や毛穴をひきしめる効果があるものもあります。

メイクのもちが変わってきますので、ベタつきが気になる時にはぜひ取り入れてみましょう。
お肌のベタつきや乾燥の悩みで困っている方は肌の悩み別の乾燥肌の化粧品と化粧水ランキングが参考になります。
[PR]
by dbubhr4k | 2014-06-17 09:17 | お肌のベタつき

お肌の乾燥にオイルマッサージ

お肌の乾燥はとても気になりますよね。
冬の寒い季節だけでなく、夏もエアコンによって湿度を下げた場所に長時間いると、どうしてもお肌の乾燥は避けられません。

もちろんしっかり保湿をしているという方ばかりでしょうが、保湿をしてもすぐにカサつきを感じてしまうということもあるのではないでしょうか。
そういったお肌の乾燥時には、オイルを使ったお肌のお手入れを試して見ましょう。

オイルはベタベタした感じや、お肌がふさがってしまうようなイメージを持っているという方も少なくありません。
しかし、オイルでありながらベタつきはなく、さらに角質層にしっかり浸透することを使用していて感じることができるほどのものもあるのです。

それでもオイルに抵抗を感じる場合は、お風呂の中でのオイルマッサージをおすすめします。
顔を湯船につかっているときに、そっとオイルマッサージをします。

オイルマッサージは5分程度、その後10分ほどしっかりオイルを浸透させさっと顔を洗い流します。
洗い流しますから、オイルに抵抗がある人もおすすめです。

また、お肌の乾燥には化粧品を使ったお肌のお手入れもおすすめです。化粧品選びは乾燥肌対策度で比較しているサイトが参考になります。
[PR]
by dbubhr4k | 2014-06-17 09:17 | お肌の乾燥

逆効果にならないお肌のお手入れ

お肌のお手入れは、良かれと思ってやっていることが残念ながら逆効果になってしまっているときがあります。
できるだけ正しい方法で、お肌のお手入れをしたいものですよね。

シートパックやマスクはお肌のコンディションを整えるときに、なくてはならないアイテムですよね。
しかしせっかくだからと、長時間そのまま放置しすぎていませんか。
シートがカラカラになってしまうほど、そのままにしておいてはいけません。
シートが乾いてしまうと、お肌の水分も一緒に蒸発してしまい反対に肌の乾燥をもたらします。
シートパックの使用時間を、きちんと守るようにしましょう。

またくすみを早く解決しようと、スクラブを使いすぎていないでしょうか。
必要以上の回数をスクラブを使うことで、皮膚が薄くなってしまう可能性も出てきます。
古い角質をとりたいときもお肌のお手入れとして毎日のように使用せず、また力をいれてゴシゴシこするようなことは絶対にしないようにしましょう。

マッサージも引っ張りすぎてしまうことによって、たるみの原因になることもあります。
血液やリンパの流れは、そっとなでるだけでも整えることができるのです。
必ず、指の力はいれないようにしましょう。
[PR]
by dbubhr4k | 2014-06-17 09:14 | お肌のお手入れ