ガサガサかかとにさようなら

かかとがガサガサになっても、靴下を履く季節は関係ないと思っていませんか?
かかとケアはツルツルになるまで時間もかかりますし、寒い季節でもストッキングなどがひっかかりすぐに破れてしまいます。

1週間に一度のかかとケアで、つるつるかかとになりましょう。
まず足湯をしてかかと部分をふやかします。

かかと部分がやわらかくなれば、一度足をお湯から出しキューティクルリムーバーをぬりましょう。
これで角質が充分にやわらかくなります。
再度足をお湯に5分ほどつけましょう。

タオルでしっかり水分をとったあとは、フットブラシで角質をとっていきます。
一定方向にこすること、細かい目のフットブラシを使うことがポイントです。
ガサガサがなくなったら石鹸できれいに洗いましょう。

タオルでふいてかかとケアクリームあるいはハンドクリームでもかまいませんから、すりこみながらマッサージします。
その後ラップでかかとを覆ってから靴下をはくと、さらにツルツルになるためのケアは完璧です。
[PR]
by dbubhr4k | 2014-06-17 09:18 | かかとケア


<< ひじ、ひざの角質をとるには お肌の老化の原因はなに? >>